ストーブを中心としたくらし(イメージです)
ストーブを中心としたくらし(イメージです)

木材の最後は光と熱

端材や木屑等は、最後にストーブで光と熱として使い切ることができます。

 

最後は最初

木材を燃やすと最後は灰が残ります。これを肥料として畑や山に戻すことで、野菜や草木に取り込まれます。カーボンオフセットが展望できます。

 

暖房にも調理にも使える

薪ストーブを導入することで、電気やガスに頼りきりにならないで暖房や調理が可能です。災害時や停電時にも薪さえあれば安心です。

一般社団法人 地域再生コミュニティビジネス推進協会

 

住所:東京都新宿区大久保2-2-6 ラクアス東新宿