南三陸町戸倉にある板倉の家、汐だまり。次の大津波に備え、万が一の時は避難所として機能します。

南三陸町歌津の3坪の建物です。「男の隠れ家」となっているそうです。互助会のメンバーが何人もお手伝いに来てくれました。

互助会のメンバーが棟上作業のお手伝いをしています。この中に大工は2名、あとは互助活動として参加しています。互助活動はのちに互助活動としてお返しされます。お金ではない貸し借りです。

上棟式。福祉施設にも使用されました。

こちらも上棟式。食堂ができました。

生協パルシステム茨城では日立市に組合員さんの施設(日立館)を南三陸町の木材で建設してくださいました。

建設の相談会もお気軽に。

丸太を住宅に使うためには、最初の間伐作業が行われなければ始まりません。また間伐後。製材し柱や板に加工しなければ家づくりの材料になりません。そのため、地域再生コミュニティビジネス推進協会では、木材と経済が南三陸町内で循環する燃料として、最初にかかる間伐代金と製材代を立替えました。

南三陸町内での経済循環づくりと森林資源の保全と活用
最初の資金は町外に流出することなく循環を続けます。
推進協会の資金提供.bmp
ビットマップイメージ 791.2 KB

南三陸町でカフェの建設中。けやきのカウンターがすばらしい。

一般社団法人 地域再生コミュニティビジネス推進協会

 

住所:東京都新宿区大久保2-2-6 ラクアス東新宿