2013年1月1日 プランコンペ報告と新聞記事を掲載しました。

千葉県旭市、茨城県日立市で実施したコミュイニテイビジネス起業プランコンペ2012は、それぞれ四件の応募があり、旭市は該当者無しでした。
(2012年10月4日(木)旭市働く婦人の家で公開二次審査会実施)

日立市は、以下の二案件が採択されて、2013年6月までの法人登記と起業を目指しています。
(2012年11月21日(水)日立地域産業支援センターで公開二次審査会実施)

【最優秀賞】みんなのキッチンHappy DELI~渡邊 美果さん
忙しいママたちの食卓にもう一品のお手伝い

【優秀賞】子育て世代への資格取得支援と就労支援~佐野真理子さん
美容技術の指導及びパソコンスキルと接客力の向上指導

12月20日には、第一回ブラッシュアップセミナーが日本政策金融公庫日立支店で実施されました。

新聞記事新聞記事
2012年12月1日読売新聞朝刊記事(富田記者取材)

2012年9月23日 茨城県日立市でCB起業しませんか? 締め切り迫る!9月28日(金)17時必着

2012年9月23日 10月4日(木)旭市CB起業プランコンペ公開第二次審査会開催!

4提案が第一次審査を通過して、公開プレゼンに挑みます。
      「旭市働く婦人の家」にて13:30-16:30開催【参加自由(無料)】
      (会場案内図)http://www.tcs-net.ne.jp/toso/342fujinnoie.htm

2012年8月1日 日立市プランコンペの情報が新聞に掲載されました

●●新聞●●市版 2012年8月1日付け

茨城県日立市:地域と社会を元気にする事業を応援します 起業プランコンペ2012

2012年6月3日 「茨城県日立市復興支援型地域社会起業創造事業」の応募要項が公開されました。

茨城県日立市コミュニティビジネス起業プランコンペ 2012 募集要項

2012年度一般社団法人地域再生コミュニティビジネス推進協会(以下、協会と掲載)では、日立市において、地域に根ざしたソーシャルビジネスである「コミュニティビジネス」の新規起業を目指す方を対象に起業プランコンペを実施し、2011.3.11の震災復興策として新たな担い手を応援します。
コンペを通過した方には、地域に根ざした支援活動を行なう専門家が担当につき、起業ノウハウの提供だけでなく、地域の「人・モノ・カネ・情報」の有効活用や、地域に受け入れられて継続的発展ができる事業にするための「地域力」「バックアップ体制」の強化をハンズオンで支援します。 またプラン実現のために必要とされる金額を「起業支援金(1件50万円~100万円)」として提供します。
地域の社会的課題解決を目指して起業を考えている方、コミュニティビジネスの事業計画をブラッシュアップして実現に結びつけたい方、地域のさまざまな協力者とのネットワークや、コミュニティビジネス/ソーシャルビジネス事業者とのつながりを持ちながら事業を展開したい方などからのご応募をお待ちしております。
各地でコミュニティビジネスの主役を担う、主婦・学生・シニアの方など、起業未経験者の皆さんからの応募を歓迎します。 

★コミュニティビジネス(CB)/ソーシャルビジネス(SB)とは? 

ソーシャルビジネス(SB)とは「社会性」「事業性」「革新性」があり、環境、福祉、教育、貧困、食・農業など、地域および地球規模の社会的課題に対してビジネスの手法でその解決に挑み、持続可能な経済・社会の実現を目指し、一歩ずつ自らの手で社会変革を起こしていく仕事のことです。 
そのなかで、コミュニティビジネス(CB)は「市民が主体となって地域の課題をビジネスの手法・視点を活用しながら解決していく事業活動」のことで、「地域連携性」を重視し、地域を元気にしていく新しい働き方、経済活動、地域づくりの手法として期待されています。

全体の流れとスケジュール

応募資格

※以下のすべての条件を満たす方
・ 平成25年6月末までに起業する意思がある方 
・ 二次選考のプレゼンテーション当日に必ず参加が可能である方
・ ビジネスと社会貢献の両方を実現する、独創的なコミュニティビジネスのビジネスプラン(事業計画)を持ち、資金調達や事業パートナーおよび専門家による起業支援を求めている方
・ 新たに起業し、社会的課題をビジネスを通じて解決したいと考えている個人(社内ベンチャー、会社の新規分野開拓等、既存組織内における新規事業開発等は対象とならない)
・ 18歳以上(高校生を除く)の男女

対象となる事業プラン

・ 地域の社会的課題の解決につながる事業プラン(コミュニティビジネス)
・ 事業の対象とする地域内のニーズを捉えた事業プラン
・ 茨城県日立市内での起業を前提とした事業プラン(応募者の現住所は問いません)
・ 他のビジネスコンテストなどにおいての受賞歴がないプラン

【想定する事業プラン】
福祉・介護・子育て、就労・起業支援、農林・漁業振興、地球温暖化防止・リサイクル、まちづくり・商店街振興、 地域資源を活かした観光・産業振興等(一例であり、テーマは自由)、 社会が抱える課題を解決する為の事業

選考基準

【社会性】社会的課題(地域課題)を的確に把握し、その解決のための取組をミッション等として掲げ、それを事業内容に適切に反映しているか
【事業性】ミッションをビジネスの形に表し、継続的に事業活動を進めることのできるビジネスモデルを描けているか
【革新性】地域・社会にとって、新しい社会的商品・サービスの仕組みを提供することができるか
【地域連携性】地域において、他団体や多様なセクターとの連携・ネットワークの中で、 Win-Winのビジネスモデルを具体的に目指すことができるか  等

選考委員/アドバイザー

【選考委員(二次選考委員は調整あり)】
永沢 映氏 (特定非営利活動法人コミュニティビジネスサポートセンター代表理事)
柳田 公市氏 (特定非営利活動法人ナレッジネットワーク 理事長)
若森 資朗氏 (パルシステム生活協同組合連合会21世紀型生協研究機構主幹)
鈴江 茂敏氏 (パルシステム生活協同組合連合会 地域活動支援室)
髙島 まどか氏 (一般社団法人地域再生コミュニティビジネス推進協議会監事)
大木 仁一氏(日立市産業経済部商工振興課長)  等

募集定員

平成24年度起業支援対象者は、1~2名程度を予定しています。

 

ビジネスプランコンペ~起業支援までの流れ

①ビジネスプランコンペの詳細

①ビジネスプランコンペ (平成24年8月10日~平成24年11月9日)
■コミュニティビジネス事業プランの募集
  募集要項に基づき、コミュニティビジネスのプランを募集します。
【募集期間:平成24年8月10日(金)~9月28日(金)18:00】
■説明会
  平成24年8月1日(水)13:30~15:30
  日立地区産業支援センター第2,3研修室
  日立市西成沢町2-20-1 電話:0294-25-6121   
  アクセス:http://www.hits.or.jp/access/
■一次選考(書類選考)
  審査会において、書類選考を行います。
  書類選考の結果は、平成24年10月中旬頃に応募担当者宛に連絡します。
■二次選考(プレゼンテーション)
  プレゼンテーション方式で、選考委員による選考を行います。
  平成24年11月21日(水)13:30~
  日立地区産業支援センター第2,3研修室
  日立市西成沢町2-20-1 電話:0294-25-6121   
  アクセス:http://www.hits.or.jp/access/
  ※選考委員による評価を行い、12月中旬に起業支援対象者を決定します。
■決定人数
  1~2名程度を予定
■起業支援対象者の決定/メンターの決定
  起業支援対象者1名につき、1名のメンター(起業をハンズオン支援する伴走者)を決定します。

②起業支援の詳細

■メンターによるハンズオン支援
起業支援対象者は地域再生コミュニティビジネス推進協会と契約を交わした後、平成25年6月までの最長7ヶ月間の中で、メンターによるハンズオン支援を数回程度受け付けます。
■起業支援金
起業支援対象者は、支援期間中にかかる、新たな事業活動を実施するために必要な経費(※)として「起業支援金」を起業後受けることができます。
採択事業内容により、審査で金額が決定します。 (1件50万円~100万円)
(※)人件費、謝金、旅費交通費、備品費、消耗品費、印刷製本費、通信運搬費、借料および損料、会議費、委託費など事業実施に必要と認められる経費 
(注)
*起業支援金は、起業達成後の支払いとなります(要報告書/精算払い)。
*法人登記完了の証を添付することが、必須条件となります。
*採択となった事業者の事業については、協会のHPにて紹介したり、必要に応じて成果報告の機会を設けることもあります。

応募方法

■提出物
下記各書類につき、【紙媒体1部および電子媒体1部】を提出のこと。
募集要項(ダウンロードしてご使用ください)/その他補足資料(任意) 
応募用紙(ダウンロードしてご使用ください)/その他補足資料(任意)  

■提出方法 【紙媒体1部および電子媒体1部】を提出
紙媒体の郵送先 
〒115-0042  東京都北区志茂2-59-20 USビル201
NPO法人コミュニティビジネスサポートセンター 内
「日立市コミュニティビジネス起業プランコンペ2012」事務局


電子媒体はメール添付で、下記あてに紙媒体提出日に送信のこと
E-mail:koichi.yanagida@gmail.com 

■応募〆切
平成24年9月28日(金)18:00(必着)
※ただし、事務局は通常、土日営業しておりませんのでご了承ください。 

【お問合せ先】
【問合せ/事務局】
一般社団法人地域再生コミュニティビジネス推進協会
〒115-0042 東京都北区志茂2-59-20 USビル2F
NPO法人コミュニティビジネスサポートセンター内
日立市コミュニティビジネス起業プランコンペ2012事務局 
担当理事:柳田公市 E-mail:koichi.yanagida@gmail.com 

【問合せ/日立市役所】 
日立市役所 産業経済部商工振興課 電話:0294-22-3111 担当:杉山

注意事項

※応募者は、応募時点で下記の事項に合意されたものとします。
・応募プランは応募者本人のプランであり、他のビジネスプランコンテストの受賞歴がないものを原則とします。
・提出された応募書類は返却いたしません。
・本事業期間内において、同じ個人が、他の事業による「起業支援金」を、異なる事業者から提供されることはできませんのでご注意ください。重複が確認された場合、応募プランが認められなくなることがあります。
・応募プランに関する知的財産権は、原則として応募者に帰属します。企画内容に著作権・商標権・肖像権など第三者が権利を有するものを使用する場合は、応募者が必要に応じてあらかじめ法的手続きを行うものとします。
・応募プランの公開により生じたトラブルについては、主催者は責任を負いませんので、予めご了承ください。
・応募プランの公表や二次的使用の権利(※)は、運営団体である一般社団法人地域再生コミュニティビジネス推進協会に帰属し、応募者は著作者人格権を行使しないこととします。
※実施報告(一般向けのWebや報告書等)を目的として、応募企画名、企画概要を掲載することがあります。
・個人情報保護の関係上、応募書類に記入された内容は、当事業に関連する目的以外で用いることはありません。

 

千葉県旭市:地域と社会を元気にする事業を応援します 起業プランコンペ2012

2012年5月22日 「千葉県旭市復興支援型地域社会起業創造事業」の応募要項が公開されました。

旭市起業プランコンペ2012チラシ
asahi.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 506.6 KB

全体の流れとスケジュール

2012年度一般社団法人地域再生コミュニティビジネス推進協会(以下、協会と掲載)では、旭市において、地域に根ざしたソーシャルビジネスである「コミュニティビジネス」の新規起業を目指す方を対象に起業プランコンペを実施し、2011.3.11の震災復興策として新たな担い手を応援します。
コンペを通過した方には、地域に根ざした支援活動を行なう専門家が担当につき、起業ノウハウの提供だけでなく、地域の「人・モノ・カネ・情報」の有効活用や、地域に受け入れられて継続的発展ができる事業にするための「地域力」「バックアップ体制」の強化をハンズオンで支援します。 またプラン実現のために必要とされる金額を「起業支援金(1件50万円~100万円)」として提供します。
地域の社会的課題解決を目指して起業を考えている方、コミュニティビジネスの事業計画をブラッシュアップして実現に結びつけたい方、地域のさまざまな協力者とのネットワークや、コミュニティビジネス/ソーシャルビジネス事業者とのつながりを持ちながら事業を展開したい方などからのご応募をお待ちしております。
各地でコミュニティビジネスの主役を担う、主婦・学生・シニアの方など、起業未経験者の皆さんからの応募を歓迎します。 

★コミュニティビジネス(CB)/ソーシャルビジネス(SB)とは? 

ソーシャルビジネス(SB)とは「社会性」「事業性」「革新性」があり、環境、福祉、教育、貧困、食・農業など、地域および地球規模の社会的課題に対してビジネスの手法でその解決に挑み、持続可能な経済・社会の実現を目指し、一歩ずつ自らの手で社会変革を起こしていく仕事のことです。 
そのなかで、コミュニティビジネス(CB)は「市民が主体となって地域の課題をビジネスの手法・視点を活用しながら解決していく事業活動」のことで、「地域連携性」を重視し、地域を元気にしていく新しい働き方、経済活動、地域づくりの手法として期待されています。

 

全体の流れとスケジュール

応募資格

※以下のすべての条件を満たす方
・ 平成25年3月末までに起業する意思がある方 
・ 二次選考のプレゼンテーション当日に必ず参加が可能である方
・ ビジネスと社会貢献の両方を実現する、独創的なコミュニティビジネスのビジネスプラン(事業計画)を持ち、資金調達や事業パートナーおよび専門家による起業支援を求めている方
・ 新たに起業し、社会的課題をビジネスを通じて解決したいと考えている個人(社内ベンチャー、会社の新規分野開拓等、既存組織内における新規事業開発等は対象とならない)
・ 18歳以上(高校生を除く)の男女

対象となる事業プラン

・ 地域の社会的課題の解決につながる事業プラン(コミュニティビジネス)
・ 事業の対象とする地域内のニーズを捉えた事業プラン
・ 千葉県旭市内での起業を前提とした事業プラン(応募者の現住所は問いません)
・ 他のビジネスコンテストなどにおいての受賞歴がないプラン

【想定する事業プラン】
福祉・介護・子育て、就労・起業支援、農林・漁業振興、地球温暖化防止・リサイクル、まちづくり・商店街振興、 地域資源を活かした観光・産業振興等(一例であり、テーマは自由)、 社会が抱える課題を解決する為の事業

 

選考基準

【社会性】社会的課題(地域課題)を的確に把握し、その解決のための取組をミッション等として掲げ、それを事業内容に適切に反映しているか
【事業性】ミッションをビジネスの形に表し、継続的に事業活動を進めることのできるビジネスモデルを描けているか
【革新性】地域・社会にとって、新しい社会的商品・サービスの仕組みを提供することができるか
【地域連携性】地域において、他団体や多様なセクターとの連携・ネットワークの中で、 Win-Winのビジネスモデルを具体的に目指すことができるか  等

選考委員/アドバイザー

【選考委員(二次選考委員は調整あり)】
永沢 映氏 (特定非営利活動法人コミュニティビジネスサポートセンター代表理事)
柳田 公市氏 (特定非営利活動法人ナレッジネットワーク 理事長)
若森 資朗氏 (パルシステム生活協同組合連合会21世紀型生協研究機構主幹)
鈴江 茂敏氏 (パルシステム生活協同組合連合会 地域活動支援室)
髙島 まどか氏 (一般社団法人地域再生コミュニティビジネス推進協議会監事)
米本 壽一氏 (旭市企画政策課課長)  等

募集定員

平成24年度起業支援対象者は、1~2名程度を予定しています。

ビジネスプランコンペ~起業支援までの流れ

①ビジネスプランコンペの詳細

①ビジネスプランコンペ (平成24年6月15日~平成24年8月31日)
■コミュニティビジネス事業プランの募集
  募集要項に基づき、コミュニティビジネスのプランを募集します。
【募集期間:平成24年7月1日(日)~7月31日(火)18:00】
■説明会
  平成24年6月21日(木)13:30~15:30
  「旭市働く婦人の家(旭市二の5127)」2階第3会議室 電話  0479-63-8755      
■一次選考(書類選考)
  審査会において、書類選考を行います。
  書類選考の結果は、平成24年8月中旬頃に応募担当者宛に連絡します。
■二次選考(プレゼンテーション)
  プレゼンテーション方式で、選考委員による選考を行います。
  平成24年10月4日(木)13:30~
  「旭市働く婦人の家(旭市二の5127)」2階第3会議室 電話  0479-63-8755  
  ※選考委員による評価を行い、10月中旬に起業支援対象者を決定します。
■決定人数
  1~2名程度を予定
■起業支援対象者の決定/メンターの決定
  起業支援対象者1名につき、1名のメンター(起業をハンズオン支援する伴走者)を決定します。

②起業支援の詳細

■メンターによるハンズオン支援
起業支援対象者は地域再生コミュニティビジネス推進協会と契約を交わした後、平成25年3月までの最長7ヶ月間の中で、メンターによるハンズオン支援を数回程度受け付けます。
■起業支援金
起業支援対象者は、支援期間中にかかる、新たな事業活動を実施するために必要な経費(※)として「起業支援金」を起業後受けることができます。
採択事業内容により、審査で金額が決定します。 (1件50万円~100万円)
(※)人件費、謝金、旅費交通費、備品費、消耗品費、印刷製本費、通信運搬費、借料および損料、会議費、委託費など事業実施に必要と認められる経費 
(注)
*起業支援金は、起業達成後の支払いとなります(要報告書/精算払い)。
*法人登記完了の証を添付することが、必須条件となります。
*採択となった事業者の事業については、協会のHPにて紹介したり、必要に応じて成果報告の機会を設けることもあります

応募方法

全体の流れとスケジュール

■提出物
下記各書類につき、【紙媒体1部および電子媒体1部】を提出のこと。
募集要項(ダウンロードしてご使用ください)/その他補足資料(任意) 
応募用紙(ダウンロードしてご使用ください)/その他補足資料(任意)  

■提出方法 【紙媒体1部および電子媒体1部】を提出
紙媒体の郵送先 
〒115-0042  東京都北区志茂2-59-20 USビル201
NPO法人コミュニティビジネスサポートセンター 内
「旭市コミュニティビジネス起業プランコンペ2012」事務局


電子媒体はメール添付で、下記あてに紙媒体提出日に送信のこと
E-mail:koichi.yanagida@gmail.com 

■応募〆切
平成24年7月31日(火)18:00(必着)
※ただし、事務局は通常、土日営業しておりませんのでご了承ください。 

【お問合せ先】
【問合せ/事務局】
一般社団法人地域再生コミュニティビジネス推進協会
東京都新宿区大久保2-2-6 ラクアス東新宿 ラクアス東新宿7階
旭市コミュニティビジネス起業プランコンペ2012事務局 
担当理事:柳田公市 E-mail:koichi.yanagida@gmail.com 

【問合せ/旭市役所】 
旭市役所企画政策課 電話:0479-62-5307 担当:伊知地

 

注意事項

※応募者は、応募時点で下記の事項に合意されたものとします。
・応募プランは応募者本人のプランであり、他のビジネスプランコンテストの受賞歴がないものを原則とします。
・提出された応募書類は返却いたしません。
・本事業期間内において、同じ個人が、他の事業による「起業支援金」を、異なる事業者から提供されることはできませんのでご注意ください。重複が確認された場合、応募プランが認められなくなることがあります。
・応募プランに関する知的財産権は、原則として応募者に帰属します。企画内容に著作権・商標権・肖像権など第三者が権利を有するものを使用する場合は、応募者が必要に応じてあらかじめ法的手続きを行うものとします。
・応募プランの公開により生じたトラブルについては、主催者は責任を負いませんので、予めご了承ください。
・応募プランの公表や二次的使用の権利(※)は、運営団体である一般社団法人地域再生コミュニティビジネス推進協会に帰属し、応募者は著作者人格権を行使しないこととします。
※実施報告(一般向けのWebや報告書等)を目的として、応募企画名、企画概要を掲載することがあります。
・個人情報保護の関係上、応募書類に記入された内容は、当事業に関連する目的以外で用いることはありません。 

設立のご案内

2011年12月15日 法人が設立されました。

 

一般社団法人 地域再生コミュニティビジネス推進協会

 

住所:東京都新宿区大久保2-2-6 ラクアス東新宿