次世代板倉の実験を視察に行きました

7月11日、徳島県の住宅資材性能試験を視察に行きました。気温34度の中、スタッフの皆さんが汗だくになって準備をされていました。

今回の試験は「次世代板倉」の実証実験とのこと。徳島県で予備実験を行い、最終的な点検のあと、東京の「日本住宅木材技術センター」で本試験が予定されています。本試験で採用されると、正式な建築構法として販売が可能になるようです。

試験台に板倉のパネルを固定して、横から力を加えていきます。パネルが斜めに傾きつつも材木が粘って破壊から逃れています。

今夜の宿は、板倉の家で「体験宿泊」のできるモデルハウスです。木の香り満載の家です。外は猛暑なのですが、湿気も少なく、家の中は風が通って意外に涼しいです。

一般社団法人 地域再生コミュニティビジネス推進協会

 

住所:東京都新宿区大久保2-2-6 ラクアス東新宿